6月といえば、紫陽花。

カテゴリー:おすすめ京都

京都の6月の花といえば、紫陽花をまず思い浮かべます。雨で憂鬱な時も、道端にささやかに咲く紫陽花を見るだけでも癒される鮮やかな紫、青、ピンク、白・・・・形も丸くかったり、四角だったり、ひとくくりに「紫陽花」といっても本当に色々な種類がありますよね。

紫陽花2

京都にも紫陽花が楽しめる場所がたくさんありますが、本日は「松尾大社」をご紹介いたします。こちらは昨年行ったときの風景です。東端の八坂神社(祇園社)と対峙して、西の端に鎮座する大きな神社で、日本第一の醸造の祖神としても有名です。
阪急電車「松尾大社」駅のすぐ目の前なのですが、境内に入ると一転、日本庭園があったり、小さな滝があったり、緑深い自然を感じられる神社です。

紫陽花3

その中でも、梅雨の時期のお楽しみは紫陽花。庭園や、少し小高い傾斜にもたくさんの紫陽花が咲いているので、見ごたえ十分!6月中旬~下旬が見ごろを迎えるとのことです。
去年私は7月初めに行きましたが、若干、遅かったかな?という感じがしましたので、ぜひ、6月の散策をおすすめします!

スタッフ 松崎

松尾大社ホームページ
松尾大社2