水無月を食べて暑気払い

カテゴリー:おすすめ京都

今年も半分終わり、あっという間に折り返し地点ですね。

6月30日は「夏越の大祓」。京都の神社でも鳥居の下や境内には茅で作られた大きな輪が用意され、輪をくぐって穢れを祓う「茅の輪くぐり」が行われます。「芽の輪」をくぐって半年間のけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願します。

茅の輪2

私もくぐって祈願をしてまいりました。くぐり方にも作法があり、八の字を描くように3回くぐるそうです。唱え言葉を言いながらくぐる所もあり、茅の輪の側にくぐる順序や唱え言葉も書いてあります。

水無月

 

京都では6月30日は「水無月」を食べる日でもあります。水無月は下の白い部分は外郎(ういろう)で、上に小豆が乗っています。小豆は、魔よけの力を持つ邪気を払うもの、また、三角の形をしているのも、魔よけ、厄病よけ、の意味が込められているのだそうです。6月に入ると京都の和菓子屋さんには「水無月」が並びます。外郎が白、他には抹茶、黒砂糖もあって、お店で見かけるとついつい買ってしまいます。こちらの水無月は「豆餅」で有名な「出町ふたば」さんのものです。水無月ももちろんおいしいですよ。

6月に京都に来られた際はぜひ「水無月」を食べて暑気払いして下さい。

スタッフ 久保