祇園祭

カテゴリー:おすすめ京都

7月です。今日から京都は祇園祭一色となります。

「コンチキチン」の音色が聞こえてくると、「ああ夏がきた~」と実感します。

昨年は大雨の中、山鉾巡行がとり行われました。すごく近くで鉾が巡行するのを見ましたが迫力もあり京都の伝統を守る方々に感動しました。今年はいいお天気になりますように…。

鉾

京都の山鉾町からは、お囃子の練習の音色が聞こえてきます。会所の2階でお稽古をするので「二階囃子」とよばれます。

祇園祭は疫病退散祈願のお祭りですが、お囃子は、疫病のもととされる悪霊をおびき寄せる為の重要な役割も担っています。お囃子を賑やかに奏でることで悪霊たちを誘い、楽しい雰囲気に酔わせたままその日のうちに鉾町へ持ち帰り、蔵に封じ込めてしまいます。長刀鉾ではお稚児さん、お稚児さんの関係者、そして囃子方を含めると鉾の上は60人近くになるそうで、鉾にそれだけ多くの人が乗っているのにも驚きます。祇園祭の本番まではまだ時間がありますが、夜のお囃子に耳を澄ますのもおすすめです。

スタッフ久保

祇園祭2016日程表