四季折々、色々な表情を見せる京都。
そんな京都のおすすめスポットやイベント情報など、京乃雪スタッフがご案内いたします。

積雪日限定ライトアップ

2018年02月10日更新

テーマ:おすすめ京都

 

立春も過ぎたのにまだ寒い日が続きますね。インフルエンザも猛威をふるっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?京都市内は雪が積もる日はないのですが、とても冷え込んでいます。今日は雪の日限定イベントをされている「貴船神社」をご紹介します。

貴船神社は京都の奥座敷、川床で有名な貴船にあります。2015年から積雪日限定でライトアップをされています。今年は1月に1度だけ開催されました。

こちらの写真は昨年行ってきたものです。積雪日にしか出会えない貴重な風景で、大雪の中たくさんの方が来られていました。

 

 

京都はめったに雪が積もらないので、私もこんなに雪が積もったのを見たのは初めてかもというぐらいの大雪の日でした。幻想的な風景に感動します。

 

 

水につけると字が浮かび上がってくる「水占おみくじ」池も氷っています。

 

でも行かれる際は滑りにくい靴と防寒はしっかりなさって下さいね。あと、写真は三脚使用禁止です。開催は当日15時に公式ホームページ、FACEBOOK、Twitterで発表。

2/28まで。夕暮れから20時までです。

今年の冬もあと少しで積雪日があるかはわかりませんが、雪が積もった日に京都に来られた時はぜひ行ってみて下さいね。

貴船神社ホームページ

スタッフ 久保

 

2018年になりました

2018年01月05日更新

テーマ:おすすめ京都

あけましておめでとうございます。今年も楽しい京都情報をお届けしてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年、初詣は行かれましたか?私は東山の「六波羅蜜寺」へお詣りに行ってきました。1/1~3日までは「弁財天吉祥初稲穂」を授与していただけます。

 

 

稲穂にいろんなお守りなどをつけていただき、今年の福を祈願します。去年はつけていただいた飾りを帰りに落としてきてしまったので今年は大事に持って帰りました。いいことあるかな~

「皇服茶」

小梅と結び昆布の入ったお茶が振る舞われます。皇服茶を飲むと1年間は無病でいられるといわれています。梅干しの種はお財布に入れておくといいそうです。

「開運推命おみくじ」

よく当たるといわれている六波羅蜜寺のおみくじ。おみくじといってもくじを引くのではなく、生年月日で占われます。ご家族の分もいただいておられる方も。皇服茶をいただきながらおみくじを読み、今年も頑張ろう!と気持ち新たに。

六波羅蜜寺ホームページ

「お雑煮」

京都のお雑煮は「白味噌」仕立てです。丸餅を入れていただきます。白味噌のお雑煮を食べるとお正月やな~とうれしくなります。身体も温まり、私はお正月が過ぎても朝ごはんにお雑煮を食べることも。太りますね。でもおいしくてやめられません。

スタッフ久保

クリスマスイルミネーション

2017年12月07日更新

テーマ:おすすめ京都

寒くなりましたね。京都も例年より冷え込みが早い気がします。紅葉ももう今年は終わり、すっかり冬モードです。この時期ならではのおすすめスポットをご紹介いたします。

先日、京都市最大級のイルミネーションで有名な「ロームイルミネーション」を見に行ってきました。86万球のLEDを使っているそうで、それはすごい迫力と美しさです。

Processed with VSCO with g3 preset

「光のプロムナード」とよばれる並木道は枝の1本1本までLEDが付いていて、華やかな並木道が続きます。

Processed with VSCO with c1 preset

2017年11月24日(金)~12月25日(月) 16:45~22:00 (鑑賞無料)

場所 ローム本社周辺佐井通り沿いおよび中堂寺南通り沿い

京都市右京区西院溝崎町21

ロームホームページ

京都駅ビルにはクリスマスツリーが。こちらは昨年の写真ですが後ろに京都タワーも見えます。大階段にもイルミネーションが。次々変わっていく光の模様が素敵です。

Processed with VSCO with c1 preset

京都タワーも12/24、25はクリスマスカラーにライトアップされます。

クリスマスに京都に来られる方はぜひ見に行かれてはいかがでしょうか。楽しいクリスマスをお過ごし下さいね!

スタッフ 久保

京都非公開文化財に触れる

2017年11月11日更新

テーマ:おすすめ京都

日に日に秋らしくなってきましたね。今週は京都もグッと冷え込みそうで紅葉もそろそろ見頃を迎えそうです。

京都では春と秋に「非公開文化財」の特別公開があります。毎回公開される文化財は変わりますが国宝や重要文化財に指定されているものが期間限定で見ることができる、とても貴重な機会です。

「泉涌寺本坊」

皇室の菩提寺、「御寺」とされ、通常は非公開の「霊名殿」を公開されています。

境内奥に立つ霊名殿は檜皮吹きで、天皇・皇族の尊牌(位牌)を安置されており、なんとも厳粛な空気が流れています。ガイドの方もおられ、歴史のお話も聞けますよ。

 

御座所庭園には真っ赤に色づいた紅葉も。静かにお庭を眺めながらボーっとするのがなんとも心地よい所です。

 

泉涌寺の塔頭「雲龍院」

 

悟りの窓、蓮華の間から見える景色は四季によって移り変わり、風情があるお寺です。

こちらでは「写経体験」もできます。1時間ほどかかりますが筆をとり、集中すると終わってからはなんだかスッと心が洗われます。写経が終わると好きなお部屋でお庭を眺めながらお菓子とお抹茶をいただけます。お時間があれば写経もオススメです。

他にも京都各所で非公開文化財を公開中ですので紅葉と一緒に京都の至宝にも触れてみるのはいかがでしょうか

京都古文化保存協会ホームページ

泉涌寺ホームページ

スタッフ久保

 

 

たっぷり国宝展へ

2017年10月21日更新

テーマ:おすすめ京都

まだ10月なのに急に寒くなりましたね。京都もここ数日は雨続きです。台風も接近中で明日の「時代祭」は中止と発表がありました。今年は日曜日で観覧を楽しみにされていた方もたくさんおられたのではないでしょうか。

先日、京都国立博物館で開催中の「国宝」展に行ってきました。

「国宝」という言葉の誕生から120年、京都国立博物館の開館も120年と節目の年の開催です。平日だというのにすごい人で、みなさん数々の国宝に見入っておられました。

1期~4期で展示されるものも1部替わりますので全期見に行かれる方もおられるでしょうね。「雪舟」の国宝が1部屋に6つも集められた展示は初めてという事で私もじっくり見ることができました。雪舟の6作品すべてが展示されているのは10/22(日)までです。その他にもなかなか見ることができない国宝の数々が。縄文時代から近世までの国宝が間近で見られたのは本当に良かったです。

11月26日まで開催されていますので、京都にご旅行に来られて生憎の雨にあたってしまった時は博物館へ国宝を見に行くのもおすすめです。もちろん「国宝」展メインで京都に来られても見応え十分です。私ももう1度じっくり、今度は音声ガイドも借りてゆっくり見に行けたらいいなと思っています。

「国宝」展ホームページ

ゆったりと、醍醐寺散策。

2017年09月30日更新

テーマ:おすすめ京都

もう10月ですね。京都も朝晩は肌寒い日も多くなってきました。まだ紅葉には早いですが、この時期は京都も観光客の方も少なくゆっくり名所を見て回れるかもしれないですね。

今回は京都伏見の「醍醐寺」をご紹介いたします。

醍醐寺は世界遺産にも登録されており、桜の名所として有名ですが紅葉も美しく「五重塔」も見応えがあります。京都府下では最古の木造建築物です。

「弁天堂」

まだ青紅葉ですが、素敵な景色です。紅葉やイチョウが色づく季節には、朱塗りの弁天堂が水面とよく合う紅葉の名所となっています。堂内には、音楽などの学芸や知識の女神であるとして広く知られている弁才天(七福神の一つ)が祀られています。

境内はとても広いのでゆっくり自然を感じながら、のんびり見て歩くのが私のおすすめです。今は萩も咲いている頃です。

まだまだ秋が深まるには早いですが、初秋を見つけに京都へお越しください。

近くには「勧修寺」「随心院」もありますので、京都市内から少し離れた伏見エリアの名所も巡ってみてはいかがですか。

醍醐寺ホームページ

 

スタッフ 久保

 

暑い夏のおすすめスイーツ

2017年08月12日更新

テーマ:おすすめ京都

毎年暑いと言っていますが、今年は特に猛暑ですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?これだけ暑いとやっぱり冷たいもんが食べたくなりますよね。今回は夏の京都スイーツをご紹介します。

「木と根」

 

器と道具、お洋服も販売されている奥に喫茶室があります。6~9月限定のかき氷は毎年大人気です。こちらのシロップは自家製で日によって変わることもありますが私が頂いた日は「白いんげん豆、キウイ生スクイーズ、マンゴー生スクイーズ、プラムシロップ、きび蜜」でした。さっぱり、でも果物のおいしさも味わえる大好きなかき氷です。

木と根ホームページ

「ぎをん小森」

祇園白川にある甘味処。一番人気の「わらびもちパフェ」は抹茶アイス、バニラアイスの下にわらびもちが。わらびもちには黒みつをかけていただきます。京都のおいしいもんが全部入ったパフェは最高のスイーツ♪

甘味どころ ぎをん小森ホームページ

 

「然花抄院 京都室町本店」

京都二条ショップからも歩いて行ける町屋カフェ、「然」かすてらが有名ですがそのカステラを使った抹茶パフェも夏のおすすめ。抹茶アイス、カステラ、ラスクといろんな食感、味が楽しめます。お庭を見ながらのんびりでき、季節のお菓子もたくさんあって、京みやげにも最適です。

然花抄院ホームページ

お盆休みなどで京都にお越しの際は夏の京都スイーツを堪能してくださいね。

スタッフ 久保

 

 

 

のんびりと、大原三千院へ

2017年07月03日更新

テーマ:おすすめ京都

7月になりました。やっと梅雨らしいお天気になりましたね。京都は7月に入ると祇園祭モードに一気に入って、夏が近づいています。

じめじめした季節ですが、この時期ならではの風景を。京都市街から北へ15kmほど離れた「大原・三千院」

美しい苔庭にはかわいらしい「わらべ地蔵」

 

今は紫陽花も見頃でおすすめです。

三千院ホームページ

徒歩圏内には「勝林院」「来迎院」「寂光院」「宝泉院」もあります。

「宝泉院」

客殿の柱と鴨居を額縁に見立てて鑑賞する「額縁庭園」

宝泉院ホームページ

「勝林院」

 

 

阿弥陀如来像を安置する本堂で声明(仏教歌謡)を聞くことができます。今の時期ですと拝観される方も少なく、阿弥陀如来像を前に心穏やかな時間を過ごすことができ、また来たいな~と思うお寺でした。

勝林院ホームページ

 

しば漬で有名な大原。赤紫蘇が畑にたくさん。珍しい赤紫蘇ジュースも販売されていましたよ。

三千院の参道、呂川沿いにある「味工房 志野」では天然素材と鰹だしや昆布、魚介エキスなどを使って丁寧に作られたドレッシングやポン酢を販売。

おすすめは京の白味噌ベースの「ゆず白味噌ドレッシング」大根サラダにもあいます。どれも美味しくて悩んでしまいます。

味工房 志野ホームページ

 

梅雨空が続きますが、少し足を伸ばして大原散策、いかがですか。

スタッフ 久保

 

雨を待つ、紫陽花。

2017年06月14日更新

テーマ:おすすめ京都

今年の京都は爽やかな気候の日が多く、空梅雨が続いています。あまり蒸し暑くないので、散策にもピッタリ。特に6月といえば紫陽花が見たい!ということで、名所のひとつ、藤森神社に行ってきました。

藤森神社

藤森神社は伏見区にあり、勝運の神様、菖蒲の節句の発祥地として名高い神社です。6月から7月にかけて紫陽花苑が公開され、3,500株にもおよぶ紫陽花が目を楽しませてくれるとのこと。
境内には紫陽花苑が2つあり、少しずつ、紫陽花が咲き始めていました。

藤森神社あじさい苑

が、あれっ、ちょっと来るのが早かったかな??でも6月中旬って見ごろよね?と思っていたら、「今年は例年に比べ気温が低い日が続き、紫陽花の生育が遅く、花が小さく少ないです。ご了承下さい」との貼り紙が。紫陽花はとってもデリケートで、気候の影響を受けやすいのですね。昨年は花も大きく、色づきがとても良かったとので、残念。でも、少しずつ色づく紫陽花が見られました。

紫陽花1紫陽花2紫陽花3

今年は全体的に、紫陽花は見ごろが少し遅くなるかもしれませんね。毎日お天気続きで喜んでいましたが、紫陽花のために少し恵みの雨が降るといいな。。。と思った散策でした。

藤森神社 ホームページはこちら 

スタッフ 松崎

初夏の京都

2017年05月12日更新

テーマ:おすすめ京都

 

新緑が鮮やかな季節になりました。京都も初夏らしい、風が心地よい日が続いております。

来週5月15日は「葵祭」。平安貴族の装束を身にまとった行列が京都御所を出発し、下鴨神社を経て上賀茂神社へ向かいます。鳴り物やお囃子はないので、牛車を引く音や馬の蹄の音を聞いて雅な雰囲気を味わえるお祭りです。

京都観光協会HP

青紅葉や初夏の花々もきれいな時期ですね。先日、伏見の城南宮に「藤」を見に行ってきました。つつじや山吹も咲いていて、とても美しいお庭があります。

藤の花もちょうど今が見頃です。5/13、14・5/20、21には美容健康と招福を祈願した花守りを授与されておりお受けになる方をお一人お一人、巫女さんが神楽鈴でお祓いしてくださります。

藤の枝を持って神楽を舞われる姿も優雅でうっとり見てしまいました。

“藤の花守り”特別授与  初穂料 1000円

城南宮HP

伏見は名水でも有名な土地です。酒蔵もたくさんあり、最近は日本酒ブームでたくさんの方が見学に来られています。お気に入りのお酒を見つけるのも楽しい♪

 

お食事は「鳥せい本店」さんで。ランチだったのでお弁当を注文。もちろん日本酒も。

焼き鳥や鳥のメニューがたくさんありますので、昼も夜も楽しめる人気店です。

鳥せい本店HP

陽射しが強くなってきました。京都散策の際は日焼け防止対策をお忘れないように。

スタッフ 久保