// Start the Loop.

UVベースクリーム

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

こんにちは。
今日は、UVベースクリームのご紹介です。

UVベースクリーム
UVベースクリーム

なぜ今の季節にUVベースクリームなのか?
紫外線対策は、夏だけでなく年間を通して続けていただくのが美しい素肌への道なのです。
こちらも和漢植物エキスをたっぷり配合。
優しい使い心地で、UVケア特有の匂いやべたつきなども殆ど感じないですよ。
伸びもいいので、白浮きもしません。
そして、とにかく軽いです。
お化粧下地としてだけでなく、
毎日使えるようにと付け心地にこだわって開発しました。

私は朝一に付けて、そのまま。
真夏は汗で流れてしまいますので、付け直しますが
今の季節はお仕事や屋内で過ごす時であれば朝付けたままです。
ただ紅葉狩りなど屋外にいらっしゃる場合は、
お化粧直しの際にUVパウダーだけでもつけ直すことをおススメ致します。

でもお化粧をしない日でも、付けたほうがしっとりするような気が。
和漢植物エキスの力か?と思っていますヽ(^。^)ノ
ベースの27種類の和漢植物エキス+2種のエッセンス+8種のオイルを配合です。
feature-img3feature-img2

こんなに軽いのにウォータープルーフタイプですので、
クレンジングオイルで落として下さいね。

今年の秋は、しっかり保湿とUVケアで美肌を保ちましょう。

UVベースクリーム 詳しくはこちら

お出かけの味方UVパウダー

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

こんにちは。
秋・・・ってお天気のいい休日はお出かけしたくなりますね。

今日は、そんな時の強い味方、京乃雪UVパウダーをご紹介します。
もちろん、和漢植物エキスをたっぷり配合しております。
こちらは、いわゆる「お粉」です。
feature-img8

でも軽い付け心地で、全然重たくなく自然な仕上がりです。
私は普段はUVベースクリーム⇒ファンデーション⇒UVパウダーです。
特にリキッドタイプのファンデをお使いの方は、
パウダーを使うともちがよくなると思います。

そしてお肌を休ませたい休日はUVベースクリームUVパウダー
ベースメークはOKです。
素肌美人は年中UVケアを欠かしません!(^^)!
UVシリーズ

ナチュラルベージュのお色ですが色はかなり薄付きです。
私の感覚では、ファンデを付けなければ殆ど素肌。。。
でも、このほんのりのお色が肌全体の色を均一にして
キレイに見せてくれるのだと思います。
パフに適量を取り、パフの中で1度なじませてから使うと均一になじみやすいです。

そしてこのサイズ!
「小さいな」と私も最初は思いましたが、容量はしっかりあります。
見た目よりもちますよ。

ぜひ、ご旅行などのおともにも連れて行ってくださいね。

UVベースクリーム 詳しくはこちら

和漢植物エキスでお肌に優しくUVケア その4

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

UVシリーズとメイク落としについて

夏は必須アイテムのUVシリーズ。良くお客様から「UVベースクリームはメイク落としを使った方が良いの?」というご質問を頂戴いたしますので、本日はそちらにお答えいたします。ぜひご参考になさって下さい。

UVシリーズ

◆UVベースクリーム・クリームファンデーション

この2点をご利用の場合は、「クレンジングオイル」で落として下さい。UVベースクリームはウォータープルーフタイプ、お肌にぴったり密着して崩れにくい、という性質がありますので、しっかり専用のクレンジングで落とすことが大切です。UVベースクリーム・クリームファンデーション、ともに油分を含んでいますので、クレンジングオイルとなじみやすく、すっきり落とすことができます。まずはお肌が乾いた状態でオイルとなじませ、指先が軽くなったらぬるま湯で洗い流しましょう。その後、ナチュラルソープで洗顔して下さい。

260x260クリームファンデーション
◆UVパウダー

UVパウダーは軽い付け心地の微粒子タイプ。UVクリームやファンデーションを使わず、パウダーだけお使いの場合は「ナチュラルソープ」で洗顔して頂くだけでも大丈夫です。ただ、汗をかいた日はお肌も皮脂浮きすることが多いので、夏の間はクレンジングオイルをお使い頂くと毛穴の汚れがよりスッキリします。

260x260

京乃雪のUVケアシリーズは、美容成分・27種類の和漢植物エキス配合で、ノンケミカル処方。お肌に優しい感触ではありますが、一日の終わりはしっかり落として、ゆっくりお肌を休めてあげましょう。

UVベースクリーム 詳しくはこちら

スタッフ 松崎

和漢植物エキスでお肌に優しくUVケア その3

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

「日焼け止めを塗ると肌が乾燥する」
「なんとなく圧迫感がある」

こんなこと、感じたことありませんか?
今の季節に必須の日焼け止めですが、肌が乾燥するのでどうも苦手、というお声も頂きます。

京乃雪UVベースクリームを開発する際にも、「紫外線カット」機能は一番のポイントですが、「一日中つけていても快適」「お肌の呼吸を妨げない、軽い付け心地」をなんとか両立できないものか、ということが課題でした。

ここでも、付け心地の良さに一役かっているのが、京乃雪の美容成分「27種類の和漢植物エキス」です。和漢植物エキスには潤いを与え、肌あれを防ぐ、といった効果があり、一日中お肌をなめらか・しっとりと保ちます。
また、「UVベースクリーム」は8種類の植物オイルを配合していますので、紫外線やクーラーといった外的刺激からもお肌を守ります。

_7FO1925

汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプですが、お肌にすっとなじんで白浮きもなし。
下地としても光拡散パウダーを使用することにより、ツヤのある美しい肌に。
京乃雪のお客様の中には「このベースクリームとパウダーだけで肌が明るく仕上がります!」なんてお声も頂いております。
ナチュラルメイクがお好みでしたら、ベースクリーム+パウダーだけでも透明感のある明るいお肌が演出できます。

「ストレスのないUVクリーム」で一日、快適にお過ごしください!

UVベースクリーム 詳しくはこちら

スタッフ 松崎

和漢植物エキスでお肌に優しくUVケア その2

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

UVケアと和漢植物エキスのお話、第2弾。
今回は紫外線ケアと「お肌の潤い」について。

8月、夏真っ盛り!外出して強い日差しに当たるとお肌からパッと水分が抜けた印象を受けますよね。健康なお肌は水分と油分のバランスが保たれ、ツヤのあるスベスベした感触ですが、紫外線ダメージが大きいとカサカサした印象になります。
保水力が弱まり、お肌を守るバリア機能も下がってくると、シワや肌荒れの原因に。
また、屋外に限らず、室内ではクーラー、扇風機に当たって・・・と、夏のお肌は意外と乾燥しているのです。

「とにかく暑いし、どうせ汗をかくんだから、塗らなくても一緒でしょ」

とついついお手入れを怠りがちになるのですが、夏も保湿ケアは必須です。

リカバリィジェルクリーム

水分不足のお肌に、まずはしっかり京乃雪リカバリィジェルクリーム で潤いを補ってあげましょう。
美肌成分・27種類の和漢植物エキスの中には、お肌の炎症を抑えるドクダミ、ユキノシタ、シソエキスが配合されています。日焼けによる夏の肌疲れを癒してくれますので、
朝・晩ぜひご愛用下さい。
「夏は洗顔後、濡れたままの肌につけるとさっぱり使えます」というスタッフも!お肌の状態に合わせて、ぜひお試しください。

リカバリィジェルクリームについて詳しくはこちらリカバリィジェルクリーム

スタッフ 松崎

和漢植物エキスでお肌に優しくUVケア その1

カテゴリー:京乃雪 お手入れ手帖

今までで一番暑くなりそうな今年の夏。連日猛暑日が続いていますね。
強い日差しからお肌を守るのに欠かせないのがUVケアです。

日差し写真

紫外線は肌トラブルの一番の要因とも言われており、ただ日焼けとなるだけでなく、後々のシミ、シワ、肌のたるみへとつながってしまいます。
どうして紫外線を浴びると、シミができるのでしょう?

日差しを浴びると、紫外線の悪影響から肌を守ろうとお肌が防御反応をし、メラニン色素を増やします。
肌の状態が健康であれば新陳代謝によりメラニン色素は排出されますが、 年齢による代謝リズムの衰えなどにより、場合によっては肌内部に残存し、黒くなったり、シミ・ソバカスの原因にも。
日焼けをし過ぎると、メラノサイトのはたらきを活性化し、 恒常的にメラニン色素をつくり出すことにもなってしまいます。

京乃雪のお客様からも「シミがお悩み」というお話をよくお伺いいたします。
これからの日焼けをお肌に残さないためにも、まずはしっかり「紫外線カット」を心がけましょう。

京乃雪 UVケアシリーズは、保湿・美肌成分 27種類の和漢植物エキス配合で、お肌のケアも兼ねながら、SPF30と紫外線はしっかりカット。
今の季節、特に忘れずご愛用下さいね。

真夏のUVケアキャンペーン 詳しくはこちら

スタッフ 松崎